愛宕神社|東京都港区

atagozinnzya 古来より続く聖地に建つ、芝の愛宕神社。江戸時代は徳川の崇敬が篤く、江戸城の南を守護した。主祭神は火産霊命(ほむすびのみこと)で輝き燃える火の神を祀る。火のパワーは災いや厄を焼ききって、消滅させる力。主祭神以外にも太郎坊や日本武尊など男神が多く祀られ、修験の霊山、愛宕山にまつわる。

一方、境内の雰囲気は対照的に女性らしい。丹塗りの赤い神門は美しく、愛宕池には弁天社が祀られ、鯉が泳ぎ、朱色が艶やかに見える様は、まるで女性の力を秘めているよう。火山のカルデラ湖が愛を育むような、心が温かくなるパワーが漂っている。境内は、「出世の石段」と呼ばれる急勾配な階段を上ったところにあり、一気に上るのが出世運のコツ。出世とは馬で上り下りした馬の名手が名を馳せたことにちなむ。六月の千日詣りは、千日分のご利益があると昔から親しまれてきたお祭り。

 

主祭神

火産霊命(ほむすびのみこと)〈火の神〉

罔象女命(みずはのめのみこと)〈水の神〉

大山祇命(おおやまづみのみこと)〈山の神〉

日本武尊(やまとたけるのみこと)〈武徳の神〉

 

祭典の日程

 1月 1日          歳旦祭
 1月 7日          七草火焚き祭り
 2月 3日          節分お福分け祭り
 6月23日~6月24日  千日詣り ほおづき日
 9月22日~9月24日  出世の石段祭(隔年)
 9月24日           大祭式
12月31日          除夜祭 鏡開き式

このページの先頭へ