箱根神社 |神奈川県箱根

hakonezinnzya

山々と湖に囲まれ、富士山を間近に望む風向明媚な地・箱根。757(天平宝字元)年に創設された箱根神社は、万巻上人が箱根山の神を祀ったのが始まりで、中世には関東総鎮守として関東一円に大きな勢力を誇った。

源頼朝や徳川家康をはじめ多くの武将が勝運を願い参拝に訪れた同社は開運矢厄除の神として現在も変わらぬ信仰を集めている。また、末社の1つとして九つの頭をもつ龍神(九頭龍神)を祀った九頭龍神社がある。平成12年には境内に九頭龍神社新宮を建立、箱根神社とともに関東屈指のパワースポットとして人気だ。

kyuutousinnzinzya

【九頭龍神社金運、開運、商売繁盛、縁結びのご利益がある九頭龍神社を祀る神社。芦ノ湖畔の本宮では毎月13日に月次祭があり、全国から多くの参拝者が訪れる。

 

主祭神

瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)

木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)

彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)

 

祭典の日程

 1月 1日  箱根神社 歳元祭

 1月13日  九頭龍神社本宮 新年祭

 4月29日  九頭龍神社新宮 例祭

 6月13日  九頭龍神社本宮 例祭

 8月 1日  箱根神社 例大祭

10月24日  箱根元宮 御神火祭・例祭

 

このページの先頭へ