晴明神社|京都府京都市上京区

seimei


京都市北部、堀川今出川の交差点から西側を南へ行くと、都会的なマンションが立ち並ぶ一角に、そこだけ空間が吸い込まれたかのように低く建つのが晴明神社だ。その名のとおり、陰陽師・安倍晴明を祀るこの神社は、晴明の屋敷跡に寛弘4年、一条天皇の勅命で創建された。

数年前、陰陽師が大ブームを巻き起こしたことがある。雅やかな貴族社会。ハンサムな青年主人公、そして妖しげで魅力的な呪術の世界。若い女性を中心に一気にメジャーとなった陰陽師の代表が、安倍晴明だった。 映画やTVドラマでは青年に描かれることの多かった晴明だが、実際に陰陽師のデビューを飾ったのは47歳。

賀茂忠行・保憲父子から当時の最先端の学問(科学・呪術)だった陰陽道を学び、体系的な思想にまとめ上げた。その信頼は朝廷や貴族から厚く、朱雀から村上、冷泉、円融、花山、一条の六代の天皇に側近として、藤原道長らの貴族にも天文・陰陽博士として仕えている。まさに大器晩成型の人物だった。

seimei2


五芒星の5つの三角形は、陰陽道の基本概念、陰陽五行説の木・火・土・金・水という5つの元素の働きをあらわしている。この五芒星をあしらった魔除けの御札やお守りはもちろん、本殿の東側には上部に五芒星を描いた「晴明井」と呼ばれる井戸がある。

晴明の霊力で湧き出たといわれる水は、飲めば無病息災のご利益がありそうだ。また最近のパワースポットの影響か、晴明井を携帯電話の待ち受け画面にする人も多いという。晴明公が湧出させたといわれる。流出口は恵方に合わせて立春の日に変えられる。

seimei3


厄除桃。陰陽道では桃は魔除け、厄除けの果実。なでて参拝すると厄を祓うとされている。

主祭神

安倍晴明御霊神

祭典の日程

 1月 1日    新年祭

 2月節分    節分星祭

 6月26日   火災除祈願祭

 9月秋分日   晴明祭 (前日)宵宮祭 (当日)例祭、神幸祭

 9月26日   嵯峨墓所祭

11月23日   御火焚祭

このページの先頭へ