大宰府天満宮|福岡県太宰府市

dazaihu

菅原の道真公の墓所を崇め、その神霊を祀る神社は、学業成就、試験合格を祈って一年中全国から多くの人が足を運ぶ人気のスポットだ。梅の花を愛した道真公にちなみ、新春になると境内にある約6000本の梅が咲き乱れる景観でも有名。御神酒の梅酒も人気が高い。

道真公が大宰府へ下る際、京都の御自邸の梅に向かって「東風吹かばにおいおこせよ梅の花あるじなしとて春なわすれそ」と詠んだところ、梅の木(飛梅)が後を追うように大宰府へ飛来したといわれている。

大宰府天満宮には本殿以外にも見どころが多い。道真が大宰府へ西下の時に、京の紅梅殿の梅に向かって歌を詠んだところ、梅が慕って太宰府まで飛んできたと伝えられる「飛梅伝説」。その梅の木は現在も本殿の右前にあり、神木として地元の方に愛されている。

心字池にかかる太鼓橋・平橋・太鼓橋の三橋は、過去・現在・未来の三世一念という仏教思想を表し、この三橋を渡ると心が清められるとされる。

dazai

また、文化10年(1813)に建立された、九州の現存する単体の絵馬堂としては最大最古の絵馬堂と、境内に点在する御神牛は見ごたえ十分。この他にも、国の重要文化財に指定されている志賀社や樹齢千年を超えるというクスノキなどがあり、歴史を感じながら散策するのもよいだろう。

主祭神

菅原道真公

祭典の日程

1月
初詣(歳旦祭)
鬼すべ
鷽替え
初天神祭

2月
梅花祭

3月
曲水の宴

6月
斎田御田植祭

9月
神幸式大祭
例祭
秋思祭

10月
特別受験合格祈願大祭

このページの先頭へ