三嶋大社|静岡県三島市

misima

三嶋大社は、奈良・平安時代の古書にも記録が残るほどの古社。この三嶋大社を言霊で見ると、御垣内参拝の御であり、三嶋というのは伊豆七島のことであり、尊い嶋ということを意味しています。嶋というのは鳥がとまる島ということで、神社の入り口を鳥居というように十の理合を意味しています。これはどういうことかというと、十は陰陽ひとつに合わさってものごとをすすめるということで、つまりはものごとを最後に完成させるという意味を持っています。

御祭神の一人でおられる事代主神は、俗に恵比寿様とも称され、福徳の神として厚い崇敬を受けています。恵比寿様といえば、船に乗って鯛を釣っている姿が思い浮かびますが、鯛はめでたいという言葉に象徴されるように、とってもうれしい出来事をあらわしています。すべての恵みを喜びとして受け取ることができる功徳を与えてくれる貴重なスポットのひとつです。

misima2

三嶋大社は、関東武士に信仰された名社でもあります。源頼朝が放生会を行ったという神池には、鯉がゆったりと泳いでいます。そして周囲の社には多くの鳥が囀ります。多くの神社の池に見られるように、神池にもたくさんの亀がいます。秋には、樹齢1200年と伝わるキンモクセイが香ります。また客殿の裏手に、富士の伏流水「生玉水」と呼ばれるご神水が湧き出ています。

主祭神

三嶋大明神(みしまだいみょうじん)

大山祗命(おおやまつみのみこと)

積羽八重事代主神(つみはやえことしろぬしのかみ)

祭典日程

 1月   1日     開運祈祷祭

   1月   3日       酒神社例祭

   1月   7日       田祭

   1月15日       左義長祭・どんどん焼き

   1月17日       奉射祭

   2月   3日       節分祭

   2月   4日     立春祭

   2月   8日       針感謝祭

   2月11日       紀元祭

   2月17日       祈年祭

   3月 3日       桃節句祭

   3月22日       神鹿記念祭

   3月31日     交通安全祈願祭

   4月   3日       稚児健康祈願祭

   4月   5日       稚児健康祈願祭

   4月   9日       鎮花祭

   4月11日       敬老祭

   4月13日       水産祭

   4月14日     見目社例祭

   4月15日       大楠社例祭

   4月16日       酉祭

   4月29日       昭和祭

   5月 5日       端午祭並命名児健康祈願祭

   6月30日       大祓式

   7月15日     八坂大神御輿渡御

   8月15日       若宮神社例祭・山車祓祭・菅奉納祭・宵宮祭・献燈奉告祭

   8月16日       例祭・頼朝公旗挙出陣奉告祭・手筒花火神事奉告祭

   8月17日       崇敬会大祭・流鏑馬神事奉告祭・後鎮祭

10月17日       神嘗奉祝祭

11月   3日       明治祭

11月   4日     伊豆魂神社例祭

11月14日       見目神社例祭

11月15日       七五三祝祭・大楠社例祭

11月16日       酉祭

11月20日       恵比須講祭

11月23日       新嘗祭

12月18日       注連縄作り

12月23日       天長祭

12月31日       大祓式・大祓祈願祭・祓所神社例祭・除夜祭・古札焼納祭

 

タグ

2014年9月22日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:静岡県

富士山本宮浅間神社|静岡県富士宮市

DSC00188


全国1300を超える浅間神社の総本宮として崇められる東海最古の名社。富士山の大噴火を鎮めるために、浅間大神を山麓に祀ったのが起源とされる。その後噴火が鎮まったことから、偉大な神徳が広く知れ渡った。朝廷や武家からの信仰も厚く、重要文化財に指定されている本殿のほか、拝殿や楼門は徳川家康が造営したものだ。一方江戸後期に富士講・富士山信仰が盛んになるとともに、安産、子授けの神として庶民からも信仰を集め、現在も11月に行われる秋祭りには、10万人もの人が参拝に訪れるという。

本宮は、1万7000坪。徳川家康が造営した社殿などがあり、広大な神域が神徳の偉大さを物語る。境内には武田信玄の寄進といわれる枝垂れ桜もあり、信玄桜と呼ばれる。富士山の祭神で、燃え盛る火の中で天孫・邇邇芸命の子を産んだ木花開耶姫命。その神話から、安産の守り神として信仰される。富士山は過去に噴火を繰り返しているが、その噴火を抑えているのも、木花開耶姫命の水徳によると伝えられる。

富士山の8合目以上は約120坪の広さに達する浅間大社の境内地。奥宮は、富士宮口から登りつめた山頂に鎮座する。7・8月の開山期には、神職が奉仕し、登拝者の安全を祈念するほか、お礼、お守り、御朱印等の授与も行う。

主祭神

浅間大神 (あさまのおおかみ)
木花之佐久夜毘売命 (このはなのさくやひめのみこと)
瓊々杵尊 (ににぎのみこと)
大山祇神 (おおやまづみのかみ) 

主な祭典の日程

3月17日      祈年祭

5月4・5・6日    流鏑馬祭

11月3・4・5日   例祭・献詠和歌披講式

11月23日     新嘗祭

 

タグ

2014年9月4日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:静岡県

このページの先頭へ