赤城神社|群馬県前橋市

akagi

主祭神に赤城山と湖の神様「赤城大明神」を祀り、太古より人々の守護神として信仰されている。清らかな頂から流れる水は、生物に命を与え、田畑の実りをもたらす。勇壮なる山なみは力強さを、四季折々の景色はやさしさと美しさを表す。その山容と景観、神秘的な佇まいは、仰ぎ見る人々の心を捉える。

ふたりの美しい姫が悲運の生涯を終え、赤城山の神様になったという「赤城姫と淵名姫」の伝説が残されており、赤城の神様に願うと、女性の願いは必ず叶えられ、安産や子授けを願うと美しい子を授かると伝えられている。また、「使いの鴨が、来世の人々を導くために大沼に留まり島になった」とあるが、これが現在赤城神社が鎮座する由来である。

主祭神

赤城大明神(あかぎだいみょうじん)

大国主尊(おおくにぬしのかみ)

磐筒男尊(いわつつおのかみ)

磐筒女尊(いわつつめのかみ)

経津主尊(ふつぬしのかみ)

祭典の日程

1月
歳旦祭 元始祭

2月
節分祭 祈年祭

3月
桃の節句祭 春季霊祭

4月
献花祭

5月
菖蒲祭・端午の節句 清め祓えの神事 山開き・春季例大祭

6月
神御衣の神事(孟夏神御衣祭) 月次の神事 大祓へ(夏越しの大祓へ)

7月
大祓へ・七夕祭

8月
夏祭り 湖水祭 祖霊祭(鎮霊祭)

9月
重陽の節句 秋季霊祭

10月
秋季霊祭 秋季例大祭

11月
七・五・三 新嘗祭・神無月祭

12月
大祓へ(師走大祓へ) 月次の神事 煤払い 冬至祭 除夜祭

タグ

2014年9月2日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:群馬県

このページの先頭へ